HOME>ホットトピックス>不妊治療という悩みに向き合ってくれる医療機関

費用の負担を軽減

医者と妊婦

体外受精という生殖医療に携わる医師は、高い倫理観を持って診療に携わるといいます。横浜の医療機関では、体外受精の治療費を詳細化させていて、排卵に23万円、胚移植に9万円などの費用がかかりますが、+胚凍結管理が加われば6万円の治療費が負担になります。ちなみに、体外受精を含む医療は助成を受けることが可能です。別に、区市町村が実施する助成事業もあるといいますから、チェックしましょう。

諦めない治療

妊娠できない理由は様々にありますが、卵管因子であったり、男性因子などの原因も少なからずあります。横浜にも不妊治療に関する相談、治療、アフターケアまで担う医療機関があり、タイミング療法や人工授精で妊娠できないご夫婦にとっては、体外受精は適応です。晩婚化で夫婦の年齢が上がり、卵巣機能が低下していることを心苦しく感じるときにも、体外受精を選択できます。治療周期数が多いのも40代、また出生児も年間約47000人というデータまで報告されています。少産化の中であっても、これだけの体外受精児が誕生していることは励みになるはずです。

環境も治療では大事

研修を希望する医師もいるほど、今、不妊治療専門で携わる医療機関が話題を集めていることをご存じでしょうか。リプロダクションといえば、妊娠・出産を指すワードですが、体外受精を含む、不妊治療先進国との提携を図る横浜の医療機関では、教育のみならず、設備機器にも力を入れています。クリーンな採卵・胚移植室、リラックスできる採精室、リカバリールームまでが完備されているようで、最先端の補助医療がこうした環境下で進められています。

広告募集中