出産のための準備

カウンセリング

妊娠がわかると、川崎市の産婦人科へ定期的に母体と胎児の健康をチェックするために通院する必要があります。お腹の中の赤ちゃんは日に日に成長をしていて、安全な出産を迎えるために成長の様子をきちんと確かめておく必要があります。妊娠23週までは4週間に1度の割合で検診に訪れます。妊娠初期は個人差はありますがつわりに悩まされる女性も多いので、産婦人科にかかることで体調を管理する意味合いもあるので、必ず医師の指示のもとに病院にかかりましょう。妊娠24週から35週になるとお腹も大きくなり、赤ちゃんの胎動も日増しに感じられるようになります。そのため、体の変化も著しくなるので、通院の間隔が狭くなります。出産を間近に控えて母親としての心の準備を着実にしていくことができる様になるのです。もし、体調が優れない場合や異常出血があった時には医師にきちんと報告しましょう。超音波で胎児の成長を確認しますが、体調の変化は胎児の育成に大きく関わるため、気になることがあれば検診日でなくても産婦人科にかかることが大切です。妊娠10ヶ月に入ると、出産は目前です。出産に際しては、病院によって方針が異なります。最近では立ち会い出産ができる病院が増えましたが、立ち会いができない場合には病院のルールに従うことが大切です。出産は女性の仕事と言われていますが、男性が立ち会うことで夫婦の絆が深まります。

妊娠中の母親教室

医者と妊婦

近頃の産婦人科では、出産のための健康管理だけでなく、妊娠中のサポートにも力を入れています。川崎の産婦人科クリニックでは、出産を控えた女性のための母親教室を実施しています。クラスは妊娠の時期に合わせて分けられていて、多くの妊婦さんが参加しています。妊娠の時期が似ていることから、情報交換をしたり出産に対する不安を共有したりすることができるため、出産を控えた女性たちのサロンの役割を果たしているのです。また、妊娠中から出産におけるアドバイスを受けることができるのです。親になるための心得を学んだり、特別講師に栄養士を招いて妊娠中に気をつけたい栄養のとり方を教わります。母親と一緒に父親も参加することができるので、出産に備えた心の準備をすることができるのです。さらに、安産のための柔軟な体を作る事ができると言われているマタニティヨガのクラスも開催しています。柔軟性を高めるのみならず、妊婦さん同士の交流の場にもなっています。

広告募集中